ナイフシースと絞り技法、そして渓流の女王

渓流釣りで使うためのナイフを探していたところ、ヒラバヤシヒデユキカコウジョさんのところにぴったりのナイフがありました。スズメナイフというモデル名だそうです。

渓流釣りは山の奥深くに入り、渓魚を求めてひたすら沢を登りながら釣り上がります。なので、身軽なナイフが良いです。僕は食べるために魚を捕ります。できるだけ新鮮な状態で持って帰りたいので釣った魚はすぐにその場で内臓とエラを取り除きます。その道具として、このスズメナイフを使っています。捌くのにサイズがちょうど良く、すごく気に入っているので、せっかくだしシースを製作してみました。

シースに収めてもナイフの造形美をできるだけ損なわないように「絞り」という技法を使いました。絞り技法は出したい形の型を取り、濡らした革をその型に合わせて圧力をかけ絞り込んで形成していきます。濡らした革を使うのは、型取り後に革が乾くとその形を保持する力が生まれるからです。この性質を可塑性(かそせい)と言います。そうすることで、平面の革を立体的に仕立てることができます。

絞り技法で製作したことで、ナイフのシルエットを残したままぴったりとシースに収まりました。シースを作った事でさらに愛着が湧きました。今後はループを取り付けてカラビナ等が使えるようにしたいです。

やっぱ渓魚との相性が良いサイズ感。僕は渓流で使っていますが、他にも果物切ったり鉛筆削ったり、色んな用途に使えるナイフです。因みに作者の平林さんは、最近だと山ウドやノカンゾウの収穫に使ったりしてるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。