ポーチBahanaの修理と物干しハンガー

ファスナー修理のため、ポーチBahanaが戻ってきました。一度全て分解して修理とメンテナンスを行いました。内容としては分解後、オイル塗布、床面(革の裏側のこと)の磨き直し、ファスナー交換、縫製、コバの磨き直しをしました。

少しだけ修理中の画像を。
まず、千枚通しを使って糸を解いていきますが、この作業は千枚通しで革を傷つけてしまう恐れがあるので、注意しながら一目ずつ進めていきます。

全ての縫製を解き分解できたら、この消しゴムのような道具で古いボンドを剥がしていきます。因みにこの消しゴムのような道具は「ラブラブクリーナー」というファンシー感満載の名前がついてます。古いボンドを剥がしたら、荒れた床面を磨き直します。

ファスナーを新品に交換し、縫製します。元通りに全て縫製し、組み上がったらコバを磨いて蜜蝋を擦り込み、、、、

はい、完成!
綺麗に修理でき使い手の元にまた帰っていきました。maumvillageでは、可能な限り修理は無料で承っています。何かありましたらお気軽にご連絡ください。

と、修理はここまで。

突然ですが、お知らせがあります。
カラスの巣作り期間中における物資調達により、我が家の庭にあった物干しハンガーが全部持ってかれてしまいました。繰り返します、、庭にあったハンガーが全部カラスに持ってかれた模様。現場からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。