maumvillageの革ものたち

普段から使っている私物。少々のキズなんて気にしない、それさえも味かなって思っています。

暮らしの中で革は徐々に柔らかく艶やかになり、使い手それぞれの癖を学び変化し、使いやすくなっていきます。maumvillageの革ものはどこか無骨で必要以上には飾らないデザインですが、それは日々使い続けることで、はじめて完成となるように少しだけ「余白」や「間」を持たせるよう意識した生活道具だから。

「ずっと使ってるから愛着あるわ〜」って言ってもらえるように、手裁ち、手縫い、切り目本磨きなどの手仕事にこだわり、今日も今日とて制作してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。