手縫いについて

次の商品をアップする前に、手縫いについて。

世間で売っている革の既製品は圧倒的にミシン縫いが多いと思いますが、個人作家の中には手縫いに拘っている方っていると思います。maumvillageもそういう作家のひとりです。多くの人は縫製方法が手縫いかミシン縫いかなんてあまり気にしてないかもしれません(僕も最初そうでした)が、大きな違いがあります。

そもそも何故手縫いを始めたかと言うと答えは簡単。ミシンを買うお金がなかったから。厚い革を縫う工業ミシンは新品で2,30万以上は普通にします。材料やその他の工具を集めていくので精一杯でした(笑)でも、自分の作風にはミシンより手縫いステッチの方が合うとも当初から思っていたし、手縫いについて深く知り、技術も少しづつ上がっていく中で、手縫いってやっぱ良いなーって思います。

一針づつ革に麻糸を通していると、頭の中のアイデアや気持ちが、手から商品に伝わっていく感覚がありますし、それこそ一針一針、力を加減しながら縫う事ができます。手縫いは8の字に縫っていくので強度もあり、ロウ引きした麻糸は食いつきがいいので、例え途中で糸が切れてもそこからほどけてくる事も少ないです。そして何よりも麻糸の質感が好きです。

ミシンに比べて格段に縫うスピードが遅く労力がいるので、商品の値段が高くなるのがネックですが、手縫いの良さが少しでも伝わると嬉しいです。

でも僕もミシン欲しいです(笑)

tenui

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。